無料で作れる簡単オシャレなリンク集lit.link(リットリンク)とは

インスタグラムなどのSNSのプロフィールにぴったりのリンク集lit.link(リットリンク)。
リットリンクの基本的な使い方をお伝えします。

 

リットリンクのメリット

  • 完全無料で利用できる
    リットリンクは有料プランがない完全無料。
    気軽に誰でも使うことができます。
  • 登録が簡単
    アカウント登録はLINE連携とメールアドレス登録の2種類。
    LINEと連携するとLINEからリットリンクにログインできるようになります。
  • アクセス解析ができる(無料)
    リットリンクのアクセス数とクリック数が解析できます。
    スマホからのアクセスなのか、パソコンからのアクセスなのか、どこのリンクからアクセスされたか、もわかります。
  • 画像・動画・テキストが挿入できる
    画像はイメージ画像や、文字入れなどした加工画像、GIFアニメ、動画も挿入できます。

リットリンクのデメリット

リンク集として優秀なリットリンク。
デメリットはあまりないですが、挿入した画像を保存しておくところがありません。
通常、こういう作成ツールには、挿入した画像をストックしておくところがあって、使用した画像の一覧があったりしますが、リットリンクにはそれがないので、画像を挿入するときは、その都度、自分のスマホかパソコンの中から選ぶ必要があります。

 

リットリンクの構成

 

 

一押しを一番上に持ってくる

lit.link(リットリンク)を構成するとき、決まった流れはありませんが、リットリンクはほとんどスマホから見るツールなので、見た時に、一番目に入るところに、ご自分の商品やサービスの一押しを入れておくと目立ちます。

そこで、その先をスクロールしてもらえるか、実際にクリックしてもらえるか、というのが決まってきます。
画像を加工して文字入れしたり、お申込みボタンを目立つ色にしたりする工夫も必要です。

導線を作る

リットリンクに画像やテキストを挿入してリンクを貼るとき、直接、お申込みフォームや、LINEのQRコードを貼ってしまうと、お申込みなどアクションがあればいいけれど、ない場合は、そこで止まってしまいます。

リットリンクの中でお申込みなどをしてもらう、というよりは、ホームページやブログ、ランディングページなどで、その商品やサービスについての詳しいページを作っておき、そのページにリンクを貼って、その詳細ページでアクションをしてもらう、という導線つくりが必要です。
より詳しい情報を提供することで、お客様の信頼にも繋がりますし、興味を持ってもらってアクションへと導きます。

lit.link(リットリンク)のアカウント登録はこちらから

 

まとめ

lit.link(リットリンク)は、画像やテキストが挿入出来て、目で見てもらうツールです。
イメージ画像でもいいですし、文字加工などするとより、目を引きます。
テキストよりは画像の方が目を引きやすいですし、インスタグラムと共に、セルフブランディングのツールとしても活用しやすいです。
操作も比較的簡単なので、まだ登録していないという方は、まずはアカウントを作ってみてください。

 

LINEではお役立ち情報や制作・講座ご案内など最新情報を発信しています。