「自分でできるようになる!WEBカスタマイズ講座」
野口陽子です。

 

「検索スキル」とは何?って思いますよね。

ただキーワードを入れればいいと思いがちですが、

「検索」にも「スキル」が必要だったりします。

 

皆さまが一様に「WEBは苦手」

「カスタマイズは苦手」

とおっしゃる方が多いのですが、

こうしてブログなどでカスタマイズの仕方や

お役に立ちそうなことを発信していても

なかなか身に付かない・・・

 

それは、やっぱり

「教えてもらって解決して終わり」

になっているからですよね。

 

先日もお問合せでご質問を頂きました。

「画像のリンクの別窓のやり方がわからない」

ということだったのですが、

答えはhtmlのコードで

「a href=”リンク先URL” target=”_blank”><ing src=”画像のURL”></a>」

で、「target=”_blank”」を付けることで別窓になります。

 

けれど、これって、検索するとわかることなんですね。

「html リンクの仕方」とか

「リンクの仕方 別窓」とか

で、いくつも説明してくれているサイトが出てきますので必ず、答えにたどり着けます。

そうやって、自分でアクションすると人にぱっと聞くよりも身に付いたりします。

聞くのがいけない、ということではないんですょ。

ただ、私たちはこれから益々、WEBの世界で生きていかないと

いけない状況になってきています。

その中で、「検索するスキル」というのも

身に付けておくべきかなと思うんですよね。

 

検索スキルは大切

検索したくても、どんな言葉で検索していいのか、とか

言葉が出てこない、というときももちろんあると思いますが

とにかく、検索窓に言葉を出してみる。

私も、最初はキーワードで出しますが、

なかなか欲しい情報にたどりつけないと

そのまんまの言葉を検索窓に入れたりします。

例えば、赤いバラの画像が欲しい時

「画像 赤い 薔薇」

で検索しますが、ちょっと違うなーというときがあります。

 

そういうときは

更に「上品 気品 ゴージャス」とか

キーワードを追加しますよね。

 

そういう風に、欲しい情報をゲットするまで

色々なキーワードを入れたりします。

 

これって自分の訓練にもなりますし、

とっても大事なことなのです。

 

お客様も検索で来る

なぜ大切か。

日頃、自分がキーワード検索に慣れておくと

「キーワード」と「自分」の距離が近くなるんですよね。

そうすると、自分のサービスを

お客様が、どんなキーワードで検索するか、

ということが考えられるようになってきます。

お客様は、どうしても欲しい情報のために

検索してくるわけですから、

お客様がイメージしやすいキーワードで

記事を書くことや、お客様に見つけて

もらいやすいキーワードで記事を書く、

ということが意識できるようになるのです。

アメブロはSNS的要素が高いですので、

アメブロ内の検索には強いのですが、

私たちが目指したいのはGoogleやyahoo!といった

「検索エンジン」からの検索です。

それに強いのが「ワードプレス」。

ということで、

アメブロやSNSで集客し、

それをワードプレスに流す、という

仕組み作りの一端が、ここにあるんですね。

一度に全部はできない

 

かといって、人それぞれ、

今の自分の立ち位置って違いますよね。

アメブロにも人が集まっていないのでしたら、

まずはアメブロを整えて、インスタやフェイスブックなどのSNSと

合わせた導線作りが必要です。

アメブロやSNSに人が集まっていれば、それをワードプレスに引っ張りながら

「検索」に強い記事を書いていくことが大切です。

 

それは一度に全部は出来ませんし、

時間もかかります。

だからできる人が少ないし、

出来る人は成功してるんですね。

 

まずはアメブロの導線を強化した

ブログ作りをしてみませんか。

 

詳細はこちら