WEBが苦手な40代の方のための
WEBサポーター野口陽子です。

アメブロの「カバー」を設置してみよう♪

パソコン版・スマホ版ともに設置の仕方をご説明しますね。

まず、アメブロに「カバー」機能が

追加されたことはご存じでしょうか?

 

 

パソコン版では「記事を書く」欄の一番下にあります。

スマホアプリでも記事を書いて公開前に「+カバーを設定」というのが表示されるようになりました。

 

そもそも、アメブロは記事に使用した一番上の画像がSNSなどシェアしたときなどに使われていました。

今回の「カバー」とどう違うのか?

 

このアメブロの「カバー」というのは「アイキャッチ画像」の役割になると思います。

「アイキャッチ画像」とはその名の通り「目をキャッチする」。

画像によって人の目を向けさせる意味があります。

 

 

こんな風に・・・・ちょっとコワい・・・

(※ちなみにうちのチータです)

なので、なるべく記事内容に合わせた画像を用意するほうがいいですね。

ぴったりくるものがなければ、イメージ画像に文字入れをするのもいいと思います。

「カバー機能」は、例えばアメブロの記事を
インスタにシェアしたいけれど、インスタは画像サイズが正方形ですよね。

そういう時に、画像が正方形に設定して
シェア専用に画像を入れることができるので便利なんですね。

右矢印フリー画像サイトまとめ

 

「アイキャッチ画像」はワードプレスにも使われている機能です。

アメブロにもできたので活用していきましょう。

◆パソコン版からの設置の仕方

事前に「カバー」に使いたい画像を

アメブロにアップロードしておいてください。

 

 

「記事を書く」の一番下に「カバー」があります。

「画像を選択」をクリックします。

 

アメブロにアップロードされている画像から「カバー」にする画像を選びます。

右側に「記事一覧」とSNSにシェアしたときの見え方が表示されます。

通常の画像は問題ないのですが、文字入れしている画像の場合は切れる場合があるので注意です。

よければ「カバーに設定する」をクリックするとOKです。

 

◆スマホ版からの設置の仕方

 

 

記事を書いて「次へ」に進むと「+カバーを設定」が表示されます。

スマホに入っている画像からカバー写真を選びます。

 

 

画像クリックすると「正方形」か「OGP」のいずれかを選択できます。

インスタにシェアするときは「正方形」がいいかもしれません。

 

 

facebookなどの場合は「OGP」にすると長方形になります。

選択して「公開」をするとOKです。

「カバー」は「プレビュー」で確認できず、公開してからじゃないと実際のところがわかりません。

スマホ版ではパソコン版のような確認画面もありませんし、公開した後の記事内にも表示はされませんので、SNSのシェアの時か、「記事一覧」などで確認します。

「カバー」は例えば、画像なしの記事でも、「カバー」に画像を入れれば、それが表示されます。

先ほども言った、記事一覧の画像の部分やSNSのシェア画像にも。

 

 

こういうところに画像があるかないかだけでもクリック率に関係してきます。

ブログやホームページの画像はただキレイに並べるのが目的ではなく、人の目を向けさせたり、クリック率を高めたり、結構重要な役割を担っています。

アイキャッチ画像であるアメブロの「カバー写真」も意識してみてくださいね。

フリー画像サイトはこちらを参考に。

右矢印フリー画像サイトまとめ

右矢印アメブロカスタマイズレッスン

Design Feelのメニューはこちら